保険は様変わりしました

40代シングルの保険

トップ >> 保険は様変わりしました

保険の考え方情報

バブル時代と現在の保険

バブル時代に保険加入してそのままにしている人は、当時と現在で状況が全く違うことから大いに見直しの必要があるのではないかと予想できます。バブル崩壊、そして金融ビッグバンがありました。金融会社の規制がなくなり、外資との競争に晒されることになります。よりよい商品を開発するためにしのぎを削ることになり、広告にかかる費用も増えました。そして最も重要な点は、加入したときは利率が高く掛金の安い優良な保険だったのに、経営を圧迫するとして強引に転換させられたことです。こうした背景から、いま見直しを検討する価値があります。

無駄なお金を払っているかも

いまの40代で独身となれば、なかなかの資産を蓄えている人が多いのではないでしょうか。扶養家族をもたない単身者が保険に入る意義は、なにかあったときに親兄弟に迷惑をかけないようにすることです。よって潤沢な貯蓄をすでにもっている人は加入する必要がありません。しかし生活に余裕があるだけに、かなり以前に契約したままで無駄な掛金を払い続けていることに無頓着であることも考えられます。以上のようなことを総合して考えて、将来や現在のことを含めて、いま保険の料金や内容について見直す機会としてもいいのではないでしょうか。

Copyright 独身でも生命保険は必要 All rights reserved.