保険で資産形成しよう

保険で将来に備える

トップ >> 保険で資産形成しよう

保険の考え方情報

貯金がない人にこそ保険

保険は十分な貯蓄をもっていない人が、いざというときに現金を得る手段として活用するものです。全く貯金をしていないという人は、ぜひとも加入する必要があるということになります。30代までに資産の形成ができなかったのなら、将来にわたって保障されるものを選ぶのが賢明なのではないかと思います。貯蓄を兼ねて解約返戻金の金額が多く設定されているタイプを選ぶのもよいでしょう。具体的には、死亡保障は終身か100歳前後まで、掛金を払う期間を60~65歳までに設定するのが無難です。医療保険についても終身で短期払いを選択します。

バブル時代の護送船団方式

いま40代を迎えている人の中には、バブルを謳歌した世代が含まれています。高額な掛金が必要な保険でも、支払うことができるからと勧められるままに加入した人もいたことでしょう。いまや完全に死語となっているセールスレディによる義理、人情、プレゼント営業が全盛で、契約すればゲーム機やディズニーランドのパスポートが届けられることもありました。それぞれの会社に格差がつかないようがんじがらめに規制が設けられ、護送船団方式と呼ばれたものでした。どこの保険会社も同じような商品ばかりで、広告費をかけて売上を伸ばすこともありませんでした。

Copyright 独身でも生命保険は必要 All rights reserved.