独身でも生命保険は必要

よくある保険の誤解

保険の考え方情報

30代独身にとっての保険

保険の見直しは人それぞれです。一般論というものは存在しません。年齢や家族構成、経済状況などによってどうするべきかは変わります。ここでは30代で独身の方にありがちな考え方と、よりよいあり方について説明していきます。やはり必要がなかったとばかりに何年も加入したものを全て解約してしまう人や、共済などの掛金が安く掛け捨てのものに切り替える人、そもそも今までずっと何にも加入していないという人もいらっしゃることと思います。このページをご覧になって、保険について考えるためのきっかけとしてお役に立てれば光栄です。

扶養家族がなくても意義あり

30代でも独身であれば、守るべきものはないから保険はいらないという考え方があります。確かに守るものはないかもしれませんが、もしものことがあれば心配してくれる人はいるはずです。大病を患ってしまい、治療費の負担を抱えきれないとなったときには、その人に迷惑をかけてしまうことになります。死亡保障は亡くなってからでないと効果を発揮しないというものではありません。治療を尽くしても命を救えなかった場合に、あなたを支えてくれた人々の助けになるものです。扶養家族をもたない人であっても、生命保険に加入しておくことには大きな意義があります。

新着情報

2015-03-17 保険で損をしない為にが追加されました。
2013-01-11 医療保険で失敗しないが追加されました。
2012-12-26 資産の有無と保険が追加されました。
2012-12-26 保険で将来に備えるが追加されました。
2012-12-26 40代シングルの保険が追加されました。

Copyright 独身でも生命保険は必要 All rights reserved.